ゲームパーツなどの新商品・入荷状況などがいち早く分かるブログです
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

EKEN M003にSlatedroid Mercury Betaを導入してみる

2010-10-02 Sat 20:30
M003-1.jpg
大人気EKEN M003にSlatedroid Mercury Betaを導入してみたいと思います。

簡単に言ってしまえばEKEN M003用のCFWになります。


まずSlatedroid Mercury Betaをダウンロードしちゃいましょう!

Slatedroid Mercury Beta

マイクロSDのルート(一番最初の所)にscriptのフォルダを移動させます。

WS000000_20100621011114.jpg

Micro SDを本体にセットし、電源を入れます。

すると自動でアップデートが開始されますので数分間待ちましょう。


CIMG4302.jpg


下記画像が出たらMicro SDをEKEN M003から取り出します。

CIMG4303.jpg


自動で電源が切れるので再度電源を入れます。

アンドロイドが出てきて全く先に進まない・・・フリーズ?って思うぐらいの時間が経過して

やっと起動します。


CIMG4312.jpg



2回目からは普通の起動時間になります。

起動するとこんな感じの画面になります。


CIMG4313.jpg


いつものように画面右側にあるボタンでロックを解除すようとしても解除出来ない。。。

もしかして壊れた??って思い色々なボタンを触ってみる。

するとボリュームボタンで解除が出来るようになっているようだ。

無事に起動するとEKENでは見慣れない画面が登場。


CIMG4314.jpg


公式FWは設定画面を出す為に、下にスライドさせますが

このFWは一味違います。

右に移動させると設定やWi-Fiなどの設定アイコンが登場します。

実はこの設定画面を出すだけでも3分程度試行錯誤しちゃいました。

公式FWと違い予め日本語のフォントが入っていないので

間違ってJapaneseを選ぶと文字化けをするので気をつけて下さい。

色々なFWが唯一、存在するのがEKENシリーズになります。

オーバークロックをしている影響で、動画がサクサクに動くようです。

あくまでも自己責任で作業をされて下さい。

Unagi様、情報提供 誠に有難うございました。
別窓 | EKEN M003 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<ファイル共有ソフトShareで逮捕 | 激安なんでも屋ブログ | EKEN M001 Ecotox Firmwareが登場!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 激安なんでも屋ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。