ゲームパーツなどの新商品・入荷状況などがいち早く分かるブログです
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

丁果A320にDINGUXを導入!

2010-03-06 Sat 20:42
a3200_20100306203927.jpg
最強のエミュレーター丁果A320ですがDINGUXを導入する事によりさらに最強のエミュレーターとなります。

DINGUXは初期に搭載されているエミュレーターの他にPS1やアーケードなどなどのエミュレーターが

動作出来るようになるので丁果A320を持っている人は導入をお勧めします。
必要な物は

丁果A320
MiniSD

になります。

まず下記のファイルを用意します。

USBTOOL
local_pack_0.34

各フォルダを用意し解凍をしておきます。

丁果A320の電源を入れ「System setup」「About」を選択するとバージョン画面になります。

CIMG3733.jpg

バージョン画面でを「上右下上右下」押すと画面が下記のように白くなります。

CIMG3734.jpg


「LCD MODUEL」の4桁の数字を紙にでもメモっておきましょう。

当方の数字は9331になります。

丁果A320をUSBを使ってパソコンと接続します。

Bボタンを押しながらリセットボタンを押すと画面が消え、パソコンには

「新しいハードウェアの検出ウィザード」が開きます。

「一覧または特定の場所からインストールする」にチェックを入れ「次へ」をクリックします。

「次の場所を含める」にチェックを入れ「参照」をクリックします。

USBTOOLが入っているフォルダを選択し「OK」をクリックします。

画面が戻りますので「次へ」をクリックしてファイルのインストールを開始します。

local_pack_0.34を解凍した後に出てくるファイルで

zImage_9331_vimrc_with_poweroffがありますのでUSBTOOL内に移動します。
※本体の数字が9325の場合はzImage_9325_vimrc_with_poweroffを移動します。

移動後は4桁の数字と同じ数字にリネームします。

「zImage_9331_vimrc_with_poweroff」を「9331」にします。

USBTOOL内にある「USB_Boot」を起動させます。

すると下記のような画面が出ますので「list」と入力し「ENTER」を押します。

「Device number can connect :1」を表示されましたら「boot 0」と入力し「ENTER」を押します。

「Configure success!」表示されたら「load 0x80600000 9331 0」と入力し「ENTER」を押します。

すると#がが多数出てきます。

CIMG3735.jpg

「go 0x80600000 0」と入力し「ENTER」を押します。

すると丁果A320の画面に変化が起きます。

後は「スタート」を押して決定していけばOKです。

USBから本体を外し、MiniSDをカードリーダーに接続して「FAT32」でフォーマットします。

先程リネームしたファイルを「zImage」再度リネームしてMiniSDに移動させます。

上記ファイルを入れたら「rootfs」「local」の順番でMiniSDに入れます。
※順番は絶対に守って下さい。

後は、MiniSDを本体にセットしするとインストールが開始しますのでしばらく待ちます。

これでDINGUXの導入は完了です。

miniSDをA320にセットした状態でセレクトボタンを押しながら起動させればDINGUXが起動します。

これでPS1やアーケードゲームなどが起動が出来るようになっています。

導入は自己責任でお願いします。

DINGUXを導入しますと保障対象外となりますのでお気をつけ下さい。
別窓 | 丁果A320 | ∧top | under∨

| 激安なんでも屋ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。